記事一覧
求人一覧

薬剤師、医療系の資格。医師資格には劣るがそれなりに社会的な認知度・ステータスも高い。薬学部が4年制から6年制に変更され人気低下が危惧され、実際に移行期には多少の志願者の減少は見られたようだが、ついこの間までのような不況の時期にはかなりつよい職種だ。医療系の資格は数多くあるが、薬学部を卒業することが国家試験の受験資格となっている、というのが、他の医療系資格とくらべての薬剤師の資格のハードルの高さにつながっていると言えよう。

さて、ハードルが高いとか人気があるとかそういうことはともかく、実際彼らの年収はどれくらいなのか。以前、興味があったので調べてみた。なぜなら私は薬学部の学生であったからである。本来であれば大学受験の前にそのようなことは調べるべきであったが、その頃、つまり高校生の私はまだ現実世界の手垢に紛れていなかったので、薬学部を志望するに当たって薬剤師の年収を調べようなど思いもよらなかった。






-薬剤師の募集と求人情報のガイド-

高い時給を貰える薬剤師

2015-03-08 21:07

アルバイトやパートの時給で働いている職種の中で薬剤師の時給がもっとも高く。2010年に求人サイトが調べた全国平均の時給は薬剤師が一位でした。同じく医療分野の国家資格を持つ看護師が二位でその調査ではその差が200円以上もあったのです。

一般的に高い時給がもらえるといわれている専門職の時給と比べてもその差は600円ほどと平均だけをとっても、時給がとても高額なことがわかります。薬剤師になるには、以前は大学の薬学部で4年間履修が必要でしたが、数年前から履修の年数が医学部と同じ6年になりました。授業料も医学部の次に高く、安いところでも年間二百万以上はかかってしまいます。

一般的な文型の私大を卒業するのに、おおよそ五百万だとすると、その三倍ぐらいの費用がかかるわけですから、頭がいいだけではなかなか取ることが出来ない資格と言えるでしょう。同じ薬局で普通のアルバイトやパートとして働いていたら、時給のあまりにもの差になっとくがいかないかもしれませんがそれだけ大変な資格をもっているわけです。





「高い時給を貰える薬剤師」の続きを読む